配合サプリメント

オメガ3たっぷりホキオイルを使用

CroppedFocusedImage550550-Hoki1

ホキはニュージーランド沿岸を中心に漁獲される深海魚で、ジーランディアはこのホキの油を使用しています。DHAやEPAなど必須脂肪酸であるオメガ3を豊富に含まれており、精製されたホキオイルにはオメガ3が20%(内 DHA10%、EPA6%)も含まれています。ホキオイルの栄養価は亜麻仁油よりも高く、動物性油ですので嗜好性もあります。栄養価の似ているオイルと言えばサーモンオイルが上げられます。サーモンオイルと比較するとオメガ3の含有量がEPAは50%と低いですが、DHAは333%とより多く含まれている違いがあります。

関節ケアに緑イ貝。驚くべき効能

Zealandia GL Mussels

緑イ貝はグルコサミン、コンドロイチン等の関節の炎症防止に非常に効果的です。ニュージーランドの原住民であるマオリ族はこの緑イ貝を食べる食習慣をもっており、関節炎の患者が殆どいません。しかも様々な医学的統計で、高齢になっても健康的な関節である確率が特に高いと証明されています。

慢性関節炎に伴う痛みを軽減し、炎症を抑える働き。心臓発作やその他の循環器系の病気リスクが低減。動脈壁内部を丈夫にし、血流を改善することで循環が良くなります。
ウイルス及び細菌の感染に対して抵抗し、抗体を形成。骨や歯を丈夫にするのを助け、周辺組織のサポートに役立ちます。神経細胞の昨日を向上させることで、筋肉や臓器、組織刺激の改善に繋がります。

タウリン配合により栄養をサポート

特にネコの場合はタウリンを合成する酵素を持っておらず、食事の中からせ摂取する必要がある必須栄養素です。タウリンの欠乏は様々なトラブルを引き起こします。
・網膜の萎縮、白内障の誘発、失明
・てんかん
・雄ネコの生殖機能障害
・幼ネコの発育障害

タウリン自体は非常に熱に弱い性質があり、食事に添加することにより摂取できます。

ネコの必須栄養素であるタウリン。イヌにも有効的な成分

犬でも一部の犬種のなかにもタウリンの合成する能力に差があり、タウリンが不足すると心臓のトラブルを引き起こす可能性があるため、食事で摂取する必要があります。

・キャバリア・キング・チャールズ
キャバリアキングチャールズ

・アメリカンコッカースパニエル
コッカースパニエル

・ゴールデンレトリバー
ゴールデンレトリバー

この3頭は体内でのタウリンの合成が不十分と言われています。
タウリン欠乏により心筋肥大とも関連づけられています。
また、飼い犬の場合は普段から高脂肪の食事をとり続けた場合、血漿中のタウリン濃度が低下してしまう研究結果もあります。
高脂肪の食事を与えている場合はサプリメントなどでタウリンを摂取させることが望まれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ