食欲旺盛!? 犬が一日中「食べたがる」のはどうして?

食欲旺盛!? 犬が一日中「食べたがる」のはどうして?
「終わりなくフードを求めてくる」
「フードを与えるとすぐさま急いで食べしまう」
そんなワンちゃんを飼っている方も多いかと思います。

それもそのはず、犬は一日中フードを食べたがっている食欲旺盛な生き物なのです。

なぜ犬はこれほどまで食欲旺盛なのでしょうか?
犬の食欲の特性、また犬の食欲との付き合い方についてお伝えします。

犬が食べたがるのはどうして?

犬は一日中フードを食べたがる生き物です。
これは犬本来の習性です。

犬はもともと自ら獲物を狩り生きていた肉食の野生動物でした。狩りは失敗したり、季節により獲物が減ったりすることがあるものです。
それゆえ、食べられる物がある場合はとにかくお腹に入れておくという一種の生存本能のような習性が犬には身についているのです。

こういった習性がDNAに組み込まれているため、たとえ飼い犬であっても食べ物を常々求め、フードを与えられたら量を考えず急いでそそくさと食べようとするのです。犬の食欲がなくなるのは、本当に胃の中が食べ物で一杯になった時ぐらいです。

フードの与えすぎに注意

犬は食欲旺盛なのが当たり前だとは言っても、フードの与えすぎは良くありません。
犬も人間と同様、過度にフードを食べ過ぎると肥満や病気を患うことがあります。
見境なくフードを与えてしまうとフード代も馬鹿になりません。

どのぐらいのフードを与えれば良いかについては、フード製品ごとの基準量が袋などに記載されているので、それを目安とします。
製品によって栄養価が異なるので、それぞれの製品に設けられた基準量を守って与えることが犬の健康のために大切なのです。

どうしても食べたがる場合は?

どうしても食べたがる場合は?
それでもどうしても愛犬が食べたがっている場合、あまり我慢させてもストレスのもとになったり、飼い主に敵意を持つこともあるのでよろしくありません。

このような場合は「フードをふやかして与える」のが効果的です。

ドライフードに少し水分を含ませ、ふやかしたものを与えるようにしましょう。
こうすることで少量でも満腹感を与えることができます。

また、1日の食事の回数を増やす代わりに、1回に与える量を減らすのも効果的です。
この方法でも空腹感を紛らわすことができます。

犬の食欲と病気

犬は食欲旺盛なくらいが正常です。
このため「あまりフードを求めない」「以前より食欲が落ちてきた」「食べ残しがある」などといった場合は病気の可能性もあるため、診察してもらった方が良いかもしれません。

また逆に「あまりにも食欲が旺盛すぎる」「以前より食欲がかなり増した」「食欲旺盛な割に身体は痩せている」などの場合、糖尿病などの疑いも生まれてきますのでこちらも注意が必要です。

以上、犬の食欲についてお伝えしました。犬は食欲旺盛な修正を持つ生き物です。
飼い主はこうした犬の性質を理解して、上手に犬の食欲と付き合っていくのが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ