寒い冬も快適に!ペットの寒さ対策

寒い冬も快適に!ペットの寒さ対策
犬や猫は人に比べると寒さには強いですが、寒いよりは暖かい部屋を好む犬や猫が多いことも事実です。

寒い冬を快適に過ごすために、どのような対策をすればいいのでしょうか。
犬と猫、それぞれの寒さ対策をご紹介します。

 

犬の寒さ対策

犬が快適に感じる温度は、健康な成犬なら22度から23度ほどだと言われています。

また、老犬や病気を患っている犬は、24度から27度ほどの室温に保ってあげるようにしましょう。
心臓が悪い場合は、室温が高すぎると呼吸数が増え、心臓に負担がかかることも。
20度から23度程度が好ましいです。
室外で飼っている場合、寒さが厳しくなる真冬にはハウスの中に毛布などを入れてあげましょう。

また外気が直接入ってこないように、入口の向きを変えるなど対策をしましょう。
室内で飼っている場合もゲージなどを用意し、いつでも快適な環境を整えてあげると安心です。

猫の寒さ対策

猫は室内で過ごす場合が多く、暖かい部屋を好む猫も多くいます。
猫の快適温度は20度から25度程度で、やはり暖かいほうが快適に感じるようです。

夜になると暖房機器を消して寝る家庭がほとんどかと思いますが、犬同様ゲージなどを用意しておくといいでしょう。
ゲージがない場合は、毛布やキャットハウスを置いておくだけでも寒さ対策になります。
小さめの段ボール箱に毛布を敷いたものでも代用可能です。

また猫は日光浴が好きな子が多いです。
日中に日当たりがいいところに行きやすいようにしておきましょう。

共通する対策は?

寒い冬も快適に!ペットの寒さ対策
犬や猫が体調を崩すときは乾燥が原因の場合もあります。
湿度は50%ほどを目安にし、乾燥しすぎないように注意しましょう。

また部屋を暖めすぎることも注意が必要です。
特に猫の場合、暖かい室内からトイレなどに行くことも多いでしょう。

温度差がありすぎると、ヒートショックを起こすことも考えられます。
暖かい部屋との温度差が10度以内になるようにすることが理想です。

こまめにブラッシングをすることも防寒対策のひとつです。
ブラッシングで毛がふんわりし、空気の層ができやすく保温効果が高まります。
またブラッシングで皮膚を刺激することで新陳代謝がアップし、体を温めてくれる効果も。

食事にも気を使ってあげましょう。
寒さから体を守るためには皮下脂肪が重要になります。
ペットフードをいつもより気持ち多めに与えてもいいでしょう。
水分補給の意味も兼ねて、ペットフードをふやかしたものを与えることもひとつの方法です。

人間よりは防寒機能が優秀とはいえ、冬の寒さはペットたちにもこたえます。
適切な対策で、ペットたちと元気な毎日を過ごしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ