小さなサインを逃さない!愛犬が白内障になる原因とは

小さなサインを逃さない!愛犬が白内障になる原因とは
犬は年齢を重ねると白内障になってしまうことも少なくありません。
放っておくと失明してしまうこともありますが、気がついたときすぐに適切な治療をすれば、進行を抑えることも可能です。

犬と白内障の関係、そして症状の進行について紹介します。

 

一番多い原因は?

犬が白内障になる原因で、最も多いのは加齢によるものです。
6歳以上になると発症率が高くなります。

一方、生まれてすぐに白内障の症状がみられる場合は先天性のものとなります。お腹の中で目の水晶体がうまく作られなかったことが原因です。
生後半年くらいから3歳未満で症状がみられる場合は、若年性の白内障と呼ばれます。
主な原因は遺伝ということが多いようですが、生活習慣も原因だと考えられています。

たとえばシベリアンハスキーはもともと強い光に弱く、紫外線を過剰に浴びることで白内障になる危険性があるようです。
シベリアンハスキーだけでなく、目の色素が薄い犬種は注意が必要です。

基礎疾患が原因になることも

基礎疾患も、犬が白内障になる原因の1つとして考えられています。
特に糖尿病の合併症として白内障になる犬も多く、糖尿病からくる白内障は進行が早いことが特徴です。
進行が早い半面、糖尿病の治療を進めて症状が落ち着くとともに白内障の進行が遅くなるということもあるようです。
糖尿病のほかに低カルシウム血症やブドウ膜炎も白内障のきっかけとなることがあるので、基礎疾患もあわせて治療をすることが大切です。

症状の進み方は?

小さなサインを逃さない!愛犬が白内障になる原因とは
犬はもともと視力が良いわけではなく(人間なら0.2~0.3相当)、嗅覚や聴覚を頼りに生活しているところもあります。

そのため、白内障を疑ったときには症状が進行していることも珍しくありません。

初めは目の濁りもほとんどわからない場合が多く、白内障と気づかないことがほとんどです。
初期症状としては、瞳孔の奥の方がうっすらと濁っているように見えます。徐々に濁っている範囲が広がることもあります。
症状が進行すると、人間の場合と同じく失明に至ります。

行動の面では、「歩き方がふらついたりちょっとした段差につまずくようになった」「物にぶつかることが増えたな」と感じたら視力の低下を疑いましょう。

犬も加齢や生活習慣によって白内障にかかることがあります。
目の色の変化や行動のちょっとした変化を見逃さないようにすることが、早期発見には重要なポイントです。
適度に散歩をしたり食事に気を使い、健康的な生活を送りましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ