犬の嘔吐の基本治療は断食です 異常サインは見逃さずに

0924_05
 
犬が食べたものを口から吐き出すことは、自身にとって有害なものから身を守るための仕組みの一つですので、よく起こることです。

大切なことは吐き出したものの状態を見極めることにあります。
 
医学的には、吐いたものが消化されている場合を「嘔吐」消化されていない場合が「吐き出し」と呼ばれ、それぞれによって犬が抱えているトラブルが変わっていくのです。

 

犬の嘔吐と吐き出しの違いについて

嘔吐の場合、食べたものが消化器官にまで運ばれて、その後で外へ吐き戻されたということになるので、胃や腸のトラブルが考えられます。

一方、吐き出しは食べたものが消化器官へ運ばれる前に、すなわち消化される前に口から逆流したのであり、食道のトラブルが考えられるでしょう。

嘔吐と吐き出しでは他にも違いが見られ、嘔吐の場合はうつむくようにして吐きますが、吐き出しでは前に飛ばすように吐きます。

また、嘔吐で戻したものを犬は食べませんが、吐き出しで戻したものはまた食べることがあります。

犬の嘔吐で胃腸トラブルのサインを見逃さない

0924_06
 
嘔吐の原因は食べ過ぎ、腐敗したものや刺激の強いものを食べた、といったことが多くみられます。

犬が嘔吐した場合は食べ過ぎなかったか、どういったもの吐いたのかを調べてみましょう。

この他に、嘔吐の原因としてよく見られるのは胃の運動機能が正常に働かなくなる、といったトラブルです。
胃の運動が正常時より早くなったり遅くなったり、あるいは停止したりすることもあります。
代表的な病気としては大型犬に起こりやすい胃拡張や胃捻転です。

このような病気を防ぐには食べ物をゆっくり食べさせることが大切です。
犬がどうしても早く食べてしまう場合は、少量ずつ何回かに分けて与える工夫をしましょう。

犬が嘔吐したら、「また食べ過ぎたのだろう」で済ますのではなく、異常と思われるサインを見逃さないことが大切です。
また、嘔吐したあとの犬の状態を観察して、嘔吐してからいつもと変わらず元気でしたら通常は心配する必要はないでしょう。

しかし、嘔吐の後に元気がなくグッタリしていたり、いつもと違う状態がみられたら嘔吐物を調べ、早めに動物病院に連れていってください。

犬の嘔吐の解消法は絶食と絶水

嘔吐の治療の基本は、絶食絶水です。

嘔吐の後に犬の症状が元気そうでしたら、12時間は水と食事を抜いてあげましょう。
嘔吐の回数が減ってきたり、吐き出したものの中に白い泡状の液体や黄色い液体が多く見られる場合は、消化のよい食事を少しずつ与えてください。

前述の液体は胃液と胆液で、空腹によって逆流してくる場合があります。
食事は通常の半分以下の量でかまいませんので、それを3~6回くらいに分けて与えましょう。

犬が喉の乾きを訴えたら、胃粘膜の炎症を抑えられるので、水ではなく氷のかけらを数個与えてください。

嘔吐は犬の体内の水分や体力を奪ってしまいます。
嘔吐の後や絶食中に犬が苦しそうにしていたり、嘔吐が止まらない場合は速やかに動物病院に連れていきましょう。

いち早く原因を突き止め、治療を行う必要があります。

前述の通り、犬の嘔吐は重大な疾患に関係している可能性があるため、以上のことを参考に愛犬の健康状態を見定めることが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ