ペットだって暑い!犬・猫の熱中症と対策方法

0924_01

夏もピークを終えたかと思いきや、残暑はまだまだ続きそうです。

人間ももちろんですが、犬や猫などの全身を毛で覆われている動物は人間よりも暑さの影響を受けやすく、熱中症を発症してしまうこともあります。

ペットを熱中症から守るためにも、ペットの体を理解して対策をおこなってあげましょう。

 

犬、猫は汗で体温調節が苦手?

人間は、暑さを感じると汗をかいて熱を逃がす機能があります。
熱の蒸発はエクリン腺という汗腺から汗が出ることで行えるのですが、犬や猫はこのエクリン腺が肉球部分や鼻の頭などの限られた部位にしかありません。

つまり、汗をかいて熱を蒸発することがほとんどできないのです。
その代わりに口を開けてハァハァと熱を吐き出す「パンティング」という方法で気化熱を放散して熱を下げることができます。
しかし、パンティングは冷たい空気を吸い込むことで熱を下げるので、夏場の高温多湿な環境では熱を下げるのが難しくなります。

また、全身を毛で覆われている犬と猫は、皮膚から出る体温を毛が閉じ込めてしまうだけでなく冷気も皮膚に当たりにくいです。
寒さに強いという特性を持っている反面、夏毛に生え変わっても暑さに弱いことには変わりないのです。

犬、猫の熱中症のサイン

体質や性質では同じような犬と猫ですが、実は熱中症のサインにはバラ付きがあります。
それぞれのサインを知って、症状の悪化を防いであげましょう。

犬のサイン

・よだれの量が多い
・寝そべったままぐったりしている
・目が充血している
・舌の色が赤黒い(血色が悪い)
・反応が悪い(名前を呼んでも来ないなど)
・嘔吐、下痢があり食欲もない

犬は普段からパンティングが多いので、見た目の変化でチェックする方が正確だと言えます。
体内循環が悪くなっていると上記のようなサインが出るので、できるだけ早く病院に連れて行きましょう。

猫のサイン

・うろうろする(涼しい場所を探している)
・必要以上にグルーミングをする
・反応が遅い
・触ると熱っぽい
・パンティングをする
・肉球が濡れている
・嘔吐をする

猫は、グルーミングで熱を逃がそうとする習性があります。
その分犬よりもパンティングを行うことが少ないので、猫がパンティングをしていたら熱中症を疑いましょう。

熱中症防止! 犬、猫の熱中症対策方法

0924_01
・無風、密室は避ける
エアコンを使用する際も、扇風機を併用して空気の流れを作ってあげましょう。
全身を毛で覆われている犬や猫は、風通しのいい場所にいると皮膚が冷えやすいので、熱がこもるのを防ぐことができます。

・水は切らさない
体温が上がると脱水症状を起こしやすくなるので、ペットのお皿には必ずお水を入れておきましょう。
また、お皿を置く場所によっては日光などでお水の温度が上がってしまうこともあるので注意してください。
冷たすぎる水もお腹を下す原因になるので、注意が必要です。

・散歩のコース
散歩の時は時間帯やルートをみて日陰が多い風通しのある道を選んであげて下さい。
犬や猫は肉球が直接地面に触れるので、アスファルトなどが高温になると火傷をしたり照り返しで体温が上昇してしまいます。

・ブラッシング
毛が絡まっていたり既に抜けた毛がそのままになっていると、グルーミングの邪魔になるうえに熱がこもりやすくなってしまいます。
1日2回は必ずブラッシングを行い、不要な毛を落として毛並を整えてあげましょう。

ペットの健康を守るためにも、夏場の熱中症対策は欠かさずおこなってあげてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ