寿命にも影響する!? 犬の健康を害する口内の病気とは?

0911_03

犬の病気は歯ぐきなど、口内に現れるものが多くなっています。

どういった病気があるのか、進行するとどのような悪影響があるのか、対策方法をあわせてご紹介します。

大切なワンちゃんの健康を守るために、きちんと把握しておきましょう。

 

病気の種類・症状

≪乳歯遺残≫
乳歯遺残とは、永久歯が生えてきたのに乳歯が残っている状態のこと。
これは歯が生え変わる仔犬に多い症状で、歯並びを悪くさせる原因になります。
歯並びが悪いと、必然的に咬み合わせも悪くなってしまうもの。

それによって食べカスが残りやすくなり、歯周病になるリスクが高まります。
なるべく早い段階で発見し、乳歯を抜いてあげることが大切です。

≪歯肉炎≫
歯に残った食べカスが石灰化すると歯石となります。
それによって引き起こされる病気が歯肉炎です。
歯ぐきが圧迫されて炎症を起こし、口臭腫れの原因となってしまいます。
食欲が落ち、体力や体重の減少にも繋がりかねません。

≪歯周病≫
犬の歯の病気で、最も数が多いのが歯周病です。
歯肉炎が進行し、細菌が侵入することで引き起こされます。
歯を支える組織が破壊され、最終的には歯を失ってしまいます。
歯を失うと食事が満足にできませんから、寿命を短くする恐れもあるでしょう。

今日からできる対策方法

0911_04
≪歯磨きをしてあげる≫

人と同じように、歯や口内の病気は歯磨きによって防ぐことができます。

食べカスをこまめに取り除いて、炎症や歯周病の原因になる歯石の形成を食い止めましょう。

歯磨きを上手にするためには、ワンちゃんを慣れさせていくことが大切です。
本来であれば歯ブラシで全ての歯を磨くことが理想ですが、慣れていないと難しいもの。
最初は濡らしたカーゼで口の周りを拭いたり、前歯を磨くことから始めましょう。

ご褒美のおやつを用意しておく方法も効果的です。
慣れてきたら、犬専用の歯ブラシで歯全体を磨いてあげてくださいね。

≪食事を出しっぱなしにしない≫
いつでも食事が摂れる状態になっていると、食事回数が増え、歯に食べカスが残りやすくなります。
それによって歯石ができて病気に進行してしまうので、食事量回数を決めて規則正しく食べさせましょう。

≪こまめに検診・口臭チェック≫
歯科の得意な動物病院で検診を受けて、病気になっていないか定期的にチェックしておきましょう。
疾患が見つかった場合は、早めの治療でワンちゃんの健康を守ることができます。

また、口臭チェックも病気の早期発見に役立ちます。
歯を磨いても悪臭がする場合は病気が進行している恐れがあるので、早めの検診・治療を行ないましょう。

普段からこまめに歯みがきを行い、大切なワンちゃんの健康を守ってくださいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ